おすすめコンテンツ

美をメイクアップ beautytime
美しく肌を保つために補いたい成分
若いころには、あんなに肌がプルプルでハリがあったのに・・って思いませんか?
年齢と共に肌がハリや潤いを失ってしまうのはなぜでしょうか?私たちの肌には本来、ハリやうるおいの素となる貴重な成分が備わっていますが、加齢とともに減少していきます。
そこで若々しい肌を保つために、失ってしまう成分を補うことが大切です。そこで特に大切な5つの成分をご紹介します。

コラーゲンの弾力を作る

コラーゲンは肌の奥の真皮にある、肌のハリを保つ繊維です。コラーゲン繊維同士が網の目状に結びつくことで弾力が生まれ、肌にハリを与えています。コラーゲンの役割として、肌及び臓器その他の形を作り、それらを支え、結合したり境界を作ったりしています。
第二の役割として細胞の足場としての働きがあります。この足場によって、細胞は分裂し増殖することができるのです。
コラーゲンの新陳代謝が衰えるとコラーゲンが古くなって、肌の柔軟性がなくなり、水分を保つ場所も狭められます。その結果、保湿力が衰え、カサカサの皮膚になり、光沢、ツヤ、なめらかさがなくなります。
このようにコラーゲンは肌に深く関係し、その役割はとても重要なのです。

セラミド 保湿、刺激からのバリア

セラミドは表皮の角質層に存在する細胞間脂質の主成分です。セラミドの役割は外からの紫外線、細菌などのさまざまな物質、刺激が体内に侵入するのを防ぐ働きをしています。セラミドは加齢とともに減少していきますが、減少すると角質層がはがれ皮膚から水分が逃げていきます。これが乾燥肌の原因と考えられます。セラミドを補うには、化粧品、入浴剤などで補うか、小麦、大豆などの食品から補うことができます。 セラミド

ヒアルロン酸 うるおいを保つ

ヒアルロン酸はゼリー状の物質で、コラーゲンとエラスチンとムコ多糖類の網の目の間を埋めつくすように存在しています。ヒアルロン酸は1gあたり約6000mlの水分を保つ機能があります。この能力によりヒアルロン酸を摂取することで肌の水分を保湿することができます。
肌に充分な水分を補うことで、病気を防いだり美しい皮膚を生成したりします。体内の水分が減少すると、肌にハリがなくなりしわやたるみの原因となります。

エラスチン ハリを保つ

エラスチンとは、コラーゲンと同様に細胞外で働く繊維状のたんぱく質のことです。エラスチンは真皮などに多く含まれ、肌の弾力を維持しています。エラスチンがコラーゲンの網目状部分を結びつけ、コラーゲンと一緒にエラスチンも肌のハリを維持し、シワやたるみを防いでいます。 しかし加齢とともに減少していきます。
エラスチンの補給は肉類などの食べ物やサプリメントなどで補給できます。一般的にエラスチンは分子が大きいため、化粧品ように外から皮膚に塗っても浸透しずらいと言われています。

 
ヒアルロン酸で肌をケアしよう
笑うと口元、目元がかさつく、メイクのりが悪い、肌がかゆい、保湿してもすぐかさつく・・・そんな乾燥肌で悩んでいる方にぴったりの情報です。
ヒアルロン酸のチカラで、乾燥知らずのしっかりとした肌に保ちましょう。

まずは乾燥肌を知ろう

気温が下降し、空気が乾燥する秋から冬にかけて我々を悩ます「乾燥肌」です。乾燥肌は、肌(皮膚)の角質細胞間脂質と皮脂の量が通常値よりも少なくなることで、肌(皮膚)から水分が蒸発し、表面がカサカサになる症状を言います。乾燥肌に伴う「かゆみ」は、刺激に対するかゆみの闘値が低くなって起こるものと言えるでしょう。 乾燥肌の原因のひとつである角質細胞間脂質と皮脂の低下は、 アトピー性皮膚炎患者にみられる遺伝的な要素(患者の体質)による先天的ものと 、加齢や化粧品などによる後天的なものがあります。

先天的というのは、いわゆる親や先祖から受け継いだ遺伝子が根本的な原因となっている場合ですし、その遺伝子だけを取り除くような治療は出来ないというのが現状のようです。ですので、この場合はなるべく神経質にならないように心がけ、長い目で見たときに乾燥性肌とどうやったらうまくつきあっていけるかということに注視したほうが得策のようです。だからと言って、全く対策の施しようがないというわけではありません。部屋の湿度を調節したり、保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸を減らさないよう食事の栄養に気を使ったりして乾燥肌を予防し、抵抗力を高めることは可能です。

一方の後天的なものが原因となっている乾燥肌の場合は、高齢化、加齢による角質細胞間脂質と皮脂の低下、或いは、石鹸などの過度使用による肌のブロック機能の破壊というものが原因となっているので、生活環境の改善に取り組むことでその大部分は解決されそうです。日本人に多く見られるのですが、過度な綺麗好きのため、皮脂の少ない部位への洗顔料やせっけんの使いすぎで、自ら肌を老化させているケースも少なくはありません。皮脂の多い箇所と少ない箇所を見極めた上でメリハリのあるスキンケアが大切なのです。

ヒアルロン酸で予防しよう

ヒアルロン酸とは、肌内部の真皮層という部分に多く含まれる、ゼリー状の構造成分です。 赤ちゃんの肌を思い浮かべてみてください。あのみずみずしさ、やわらかでありながら弾力のある手ざわりは、ヒアルロン酸がたっぷり含まれている証拠。ヒアルロン酸はわずか1gで約6000mlもの水分を保持する性質を持っているのです。

ヒアルロン酸で予防

ところが、残念なことに肌内部のヒアルロン酸は30代から徐々に少なくなっていき、40代、50代では急激に減っていき60歳で約1/4まで減ってしまいます。これが乾燥やシワ、たるみのもと。美肌作用があるといわれるコラーゲンやビタミンCなどを補給しても、ヒアルロン酸が不足したままでは、肌本来のみずみずしいハリは回復できません。

最近はヒアルロン酸を配合した化粧水や美容液なども多く出回っているので、積極的に活用したいもの。肌表面からはもちろん、サプリメントなどで体の内側から補給するのもよい方法です。

自然派化粧品と乾燥肌

自然派化粧品とは、植物や動物などの自然から抽出された成分で作られた化粧品のことです。
一般的に植物成分などの天然成分が配合されたものを自然派化粧品と示すようですが、 自然派化粧品には厳密な定義がないのが現状です。
天然成分を使用しているから、乾燥肌に使っても安心というわけではありません。 天然成分の中にも、肌を悪化させたり、アレルギーを起こす成分もあるからです。 近年、薬事法により、化粧品に配合されている全ての成分がチェックできるようになりました。肌に優しい成分配合と記されていても、自身の肌に合うかどうか認識することが必要です。

現在、自然派化粧品は人気も高く、大変注目されています。
乾燥肌のための自然派化粧品も数多く販売されていますので、まだ自分の肌に合う化粧品に出会っていない方は、自然派化粧品を試されても良いと思います。 大切なのは、化粧品に配合されている成分です。

サプリメント

ヒアルロン酸を多く含んでいるのは動物の皮や骨、眼といった部分で、普段の食事ではあまり頻繁にとることのない部分です。そのためサプリメントで手軽にサプリメントを摂取することが求められるようになりました。ただしヒアルロン酸の効果を十分発揮させるためには、ビタミンとあわせて摂取する必要があります。特にビタミンC、ビタミンB群はヒアルロン酸の効果を出すのに必要なビタミンです。通常大きい分子量をもつヒアルロン酸の分子を細かくし、体内に吸収されやすくした低分子ヒアルロン酸のサプリメントもあります。 サプリメント
Amamiポイントについて メールアドレスをご確認ください 10,000円以上送料無料

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
このページのTOPへ
お電話でも承ります (C) Copyright-2017 アマラボ通販サイト inc. All rights reserved. 太陽王マンゴー通販 マンゴー屋さん.com